Irkutsk
Ulan-Ude

Blagoveshchensk
Chita
Yakutsk

Birobidzhan
Vladivostok
Khabarovsk

Magadan
Yuzhno-Sakhalinsk

Anadyr
Petropavlovsk-
Kamchatsky
Moscow

石炭は道を伸ばす

極東の港湾インフラは、エネルギー資源の輸出拡大のために近代化されつつある

石炭は道を伸ばす

ロシア経済は、世界のエネルギー市場のリーダーの1つである石油生産の世界第1位、発電第4位、炭鉱第6位の強い地位を​​占めています。資源の重要な部分は輸出に向かい、特に昨年に、ロシア企業は1億9,000万トン以上の石炭を海外市場に輸出した。主な輸出先は、アジア太平洋地域諸国である。ロシア経済のプライオリティーの一つは、極東における輸送と港湾インフラの近代化です。極東地域は国境を越える道路や道路網の改善を目的とした大規模な公的および私的投資を受けた。その中で最も重要なのはアジア太平洋諸国への窓である極東港である。

8月には、ロシアのプーチン大統領は、2年ぶりに燃料とエネルギー開発戦略上と環境安全保障の委員会の会合を開催されました。このイベントの主なテーマは、ロシア鉄道公開株式会社、石炭会社および港湾荷役作業事業者の活動の調整でした。プーチン大統領によると、現在の状況は、世界の石炭市場におけるロシアのプレゼンスを拡大し、地位を強化し、シェアを拡大​​する機会を提供する。しかし、この可能性を実現するためには、物流の改善、輸出通路の拡大、まず、石炭会社が主な荷主である鉄道の能力を増やすことなど、多くの課題を解決する必要があります。

専門家によると、今後数年間、アジア太平洋諸国からの石炭の需要の増加は年間1億トンで成長しつつある。ロシアの市場参加者は、それを利用する機会を得ている。ロシア首脳が指摘したように、ロシア鉄道公開株式会社の開発計画や港湾投資計画を石炭会社の生産を増やす計画と常に調整することによってのみ可能である。極東の港を通る石炭の流れの成長は、環境問題を考えさせる。プーチン大統領は、最も現代的な技術に基づいて石炭産業の発展の問題を解決するように呼びかけた。「石炭産業のより高度な基準を導入し、特に港湾、石炭積み替える場所での環境保護にもっと注意を払うべきだ」という。大統領は、「石炭採掘から港湾での積み替えまで、チェーン全体は環境にやさしくなければならない」と強調した。

極東では、東港会社、ダリトランスウゴリ株式会社、ワニノ港株式会社、ポシエット商業港株式会社のような最大の港は、石炭貨物輸送を扱っている。

東港株式会社を通じ、石炭は20以上の荷主を輸出している。全量は、クズバス、ハカシア、ヤクティア、その他のロシアの石炭盆地で採掘されたロシア石炭の貨物基地によって提供されている。ロシア海港協会によれば、過去1年間に、すべての極東港の貨物回転量は191.7百万トンに達した。エネルギー省のアレクサンダー・ノワク長官によると、ロシアは今年、約1億トンの石炭を東向きに輸出している。2025年までに、これらの量は倍増し、2億700万トンに達すると期待されている。このうち、鉄道で1億9,500万トンを輸送する必要がある。

極東で最も急速に繁茂している港湾荷役作業事業者の一つは東港株式会社である。同社は2018年に約2500万トンの石炭を積み替える予定で、2024年までに最大4000万トンの石炭を積み込む予定である。これを行うために、投資家は石炭積み込み港の第3期を建設している。現時点では、極東で最大の民間港投資プロジェクトです。港湾荷役作業事業者は、技術文書をロシア鉄道公開株式会社と合意して官民のパートナーシップに基づいて、それを実施している。建設金融は港湾管理会社と東港株式会社によって行われる。総投資額は約320億ルーブルであり、そのうち47億ルーブルは鉄道インフラ施設への投資である。

「ここ5年間で、我々は他の特殊なポートの同様に、インフラの構築の両面でも、新技術の導入の両面でも改善しました。これにより、石炭の積み替える量を大幅に増やすことが可能になる。経済全体にとっては、これは乗数効果です。実際には、これらの投資により生産者はより多くの石炭を生産することができ、ロシア鉄道公開株式会社は輸送量を大幅に増やすことができ、国はより多くの税金を徴収したということです。」とイリーナ・オリホーフスカヤ、港湾管理会社副取締役と言う。2017年には、東港株式会社が予算に25億ルーブル以上の税を払った。2018年間の納税額は34億ルーブルに増加し、建設第3期の新しい能力の導入で60億ルーブルに増加すると期待されている。

石炭積み込み港の建設第3期では、すでに深海バースと倉庫が建設されており、2基のタンデム・カー・ダンパーを装備した貨物専用の荷役ステーションが準備してある。現在では東港株式会社が建設第3期の最も重要な目的の一つ、それぞれ貨車71台までの列車を受け入られる12鉄道路線のあるノーヴィ鉄道敷地を建設している。全措置は、極東鉄道の東ナホトカ駅の容量を500万トン増加させ、ウランゲル湾の港湾の貨物回転率の上昇を確実にする。

石炭輸送の成長の最も重要な側面は、固有の極東の自然を保ち、人口の快適性を確保すること。ここ数年間、石炭粉塵抑制の技術ははるかに先を歩んだ。2017年に東港株式会社は丸紅株式会社と環境安全分野における先進技術の共同実施に関する覚書を締結した。現在、石炭の安全な積替えに最も適した技術を使用している沿海地方での唯一の特殊石炭港である。東港株式会社は国際標準ISO 14001:2015「環境マネジメントシステム」の要求事項への適合証明書を受け取る極東の最初の石炭港である。

2018年以来、ポート・ホールディングは14億ルーブル以上を投資先となる閉鎖型石炭輸送技術への移行のための総合的な環境プログラムを実施している。環境対策措置は、防風・防塵フェンスの建設を含む追加の集塵・粉塵抑制用ハイテク設備の設置および近代化を提供する。認定試験所は定期的に大気、工業用水、ウランゲル湾の水域の状態のモニタリングを行う。

今後数年間の東向きの荷主のスループットの需要は増加するので、すべての港湾荷役作業事業者が積極的にインフラの近代化に投資すると専門家は指摘している。極東大学の「学際的研究とパートナーシップ研究室」のホロシャ研究室長によると、東方向輸送の需要が加速しているもので、2025年までに年間で需要が3億トンを超える可能性がある。同時に、極東の港湾施設の拡大は、ロシア経済全体にとって重要であると専門家は考えている。

June 18: current information on coronavirus in the Far East
Digest of regional events and latest statistics